韓国料理 明心館

韓国料理をご家庭で!自宅で簡単に作れるサムゲタンのレシピとコツ

ご予約はこちら 展開予定のブランド 社員募集

韓国料理をご家庭で!自宅で簡単に作れるサムゲタンのレシピとコツ

韓国料理をご家庭で!自宅で簡単に作れるサムゲタンのレシピとコツ

2024/02/03

サムゲタン、この韓国の伝統的な料理は、ただの鶏肉のスープではありません。それは、長い歴史を持ち、多くの家庭で愛され続けている、栄養満点で心温まる一品です。韓国では、特に夏の暑い時期に体力を回復させるために食べられることが多いですが、実は一年中楽しめる料理なのです。その秘密は、シンプルながらも栄養価の高い材料と、時間をかけて丁寧に煮込むことにあります。主な材料である丸鶏は、コラーゲンたっぷりで、滋養強壮にも効果的。また、高麗人参やナツメ、もち米などが加わることで、その効能はさらに高まります。

サムゲタンの作り方を初心者でも簡単に理解できるように解説します。また、家庭での材料の選び方や下処理のコツ、さらにはサムゲタンをより美味しくするための小技も紹介します。自宅で本格的な韓国料理を作る楽しさを、皆さんにも体験していただきたいと思います。サムゲタンは、ただの料理ではなく、食べる人の心と体にやさしく寄り添う、韓国の家庭の味なのです。

韓国料理なら明心館へ

韓国料理 明心館では、伝統と創造が融合した本格韓国料理をご堪能いただけます。厳選された新鮮な食材と特製のソース・調味料を使用し、本場の味を追求しています。ランチやディナーでのお食事はもちろん、ネット予約も可能です。本場の味をご提供するこだわりとして、ビビンバ、チヂミ、キンパ、サムギョプサル、プルコギ、テッチャン鍋、キムチチゲなどの代表的な料理から、珍しい一品料理まで、多種多様なメニューをご用意しています。当店自慢の特製ソースや調味料は、料理の味を一層引き立てます。また、厳選された食材と伝統的な調理法を用い、本物の韓国料理の味をご提供しています。お客様がくつろげる空間をご提供することを心がけており、どんな要望にも柔軟に対応いたします。食事の際のお好みやアレルギーに合わせた調整も可能です。是非、名古屋市の韓国料理 明心館で、本場の味と心温まるおもてなしをお楽しみください。

韓国料理 明心館
店名韓国料理 明心館
住所〒450-0001愛知県名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル1階
電話052-688-1559

お問い合わせはこちらご予約はこちら

はじめに

サムゲタンの歴史と文化的背景

サムゲタンは、韓国料理の中でも特に深い歴史と文化的背景を持つ料理です。サムゲタンは、その名の通り「参鶏湯」を意味し、高麗人参(サム)、鶏肉(ケ)、そしてスープ(タン)の三つの主要成分から成り立っています。高麗時代には、宮廷料理としても重宝され、特に夏の暑い時期に体力を回復させるために食されていました。

サムゲタンの特徴は、そのシンプルさにあります。丸鶏を丸ごと一羽使用し、その中に高麗人参、もち米、ナツメ、栗などを詰め、長時間煮込むことで、深い味わいと栄養を引き出します。この料理は、韓国の人々にとって単なる食事以上の意味を持ち、体を温め、元気を取り戻すための滋養強壮食として珍重されています。

文化的に見ると、サムゲタンは特に「三伏」(韓国の最も暑い時期を指す)に食べることが推奨される料理です。これは「以熱治熱」(暑い時には暑いものを食べる)という東洋医学の考え方に基づいています。夏にこのスープを食べることで、外部の暑さに対抗し、内部のエネルギーを高めるとされています。

また、サムゲタンは伝統的な韓国の家庭で、世代を超えて受け継がれてきた料理でもあります。家族の集まりや特別な日には、愛情を込めてこのスープを作ることが多く、家族の絆を深める役割も果たしています。現代では、サムゲタンは韓国国内だけでなく、世界中で愛される料理となり、その健康効果や美味しさが広く認識されています。

サムゲタンは、単に美味しいだけでなく、その背後にある歴史や文化、家族への愛情など、多くの意味を含んでいます。この料理を通じて、韓国の伝統や文化を理解することができるのです。現代の忙しい生活の中で、サムゲタンは心と体を癒し、エネルギーを与えてくれる特別な存在と言えるでしょう。

主な材料とその健康効果

サムゲタンの主な材料は、その健康効果においても特筆すべきものがあります。この料理の基本となるのは、丸鶏、高麗人参、もち米、ナツメ、栗です。それぞれの材料が持つ栄養価と健康への効能を見ていきましょう。

まず、丸鶏です。鶏肉は高品質のタンパク質の源であり、筋肉の維持や成長に必要です。また、ビタミンB群が豊富で、これはエネルギーの代謝や神経系の健康維持に役立ちます。さらに、鶏肉に含まれるコラーゲンは肌や関節の健康に良い影響を与えるとされています。

次に、高麗人参。この伝統的な薬草は、滋養強壮や免疫力向上に効果があるとされています。特に、疲労回復やストレス軽減に役立つと言われており、古くから東洋医学で重宝されてきました。

もち米は、サムゲタンにとろみと深みを加えるだけでなく、エネルギー源としても重要です。炭水化物が豊富で、持続的なエネルギーを提供します。また、もち米に含まれるビタミンやミネラルは、全体的な健康維持に寄与します。

ナツメと栗も、サムゲタンに欠かせない材料です。ナツメはビタミンCが豊富で、免疫力の強化や抗酸化作用が期待できます。栗は、食物繊維やビタミンB群、ミネラルが豊富で、消化促進やエネルギー代謝に良い影響を与えます。

これらの材料は、単にサムゲタンの味を豊かにするだけでなく、それぞれが健康維持に寄与する要素を持っています。サムゲタンは、これらの材料が組み合わさることで、その栄養価がさらに高まり、体を内側から温め、エネルギーを与える効果が期待できるのです。特に、冬の寒い時期や体力が落ちている時に食べると、その効果を実感しやすいでしょう。サムゲタンは、ただの料理ではなく、体と心にやさしい栄養満点のギフトなのです。

必要な材料

家庭で簡単に入手できる材料のリスト

サムゲタンを家庭で作る際に必要な材料は、一般的なスーパーマーケットやアジア食品店で簡単に入手できます。ここでは、基本的な材料リストを提供しますが、地域や店舗によって入手可能な材料は異なる場合がありますので、代替品の使用も考慮してください。

まず、サムゲタンの主役である丸鶏です。小さめの丸鶏が理想的ですが、入手が難しい場合は、鶏もも肉や鶏胸肉などで代用することも可能です。

次に、高麗人参ですが、これはアジア食品店で見つけることができることが多いです。もし入手が難しい場合は、普通の人参で代用することもできますが、味わいに若干の違いは出るでしょう。

もち米は、サムゲタンに不可欠な材料です。もち米は、多くのスーパーマーケットやアジア食品店で入手可能です。

ナツメ(大棗)と栗も、サムゲタンに加えると良いです。ナツメはアジア食品店で、栗は多くのスーパーマーケットで見つけることができます。

その他の材料としては、ニンニク、生姜、塩、水が必要です。これらは一般的なスーパーマーケットで容易に入手できます。

また、サムゲタンの風味を高めるために、ねぎや黒胡椒を加えることもできます。これらはお好みで調整してください。

これらの材料を用意すれば、基本的なサムゲタンを作ることができます。ただし、サムゲタンは非常にアレンジが効く料理なので、お好みに応じて他の材料を加えても良いでしょう。例えば、様々な野菜やきのこを加えることで、さらに栄養価を高めることができます。また、辛味を好む場合は、唐辛子を加えるのも一つの方法です。重要なのは、基本のレシピを理解した上で、自分の好みや手に入る材料に合わせてアレンジを楽しむことです。

代替材料の提案

サムゲタンを家庭で作る際に、一部の材料が手に入らないことがありますが、代替材料を使うことで、伝統的な味わいを損なわずに料理を楽しむことができます。例えば、丸鶏が手に入らない場合は、鶏もも肉や鶏胸肉を使うことができます。特に骨付きの部位を選ぶと、スープに深みが出ます。また、手羽先や手羽元も鶏の旨味が豊富で、スープにコクを加えるのに適しています。

高麗人参が見つからない時は、普通の人参や西洋人参、アメリカ人参が良い代替品になります。これらは高麗人参に比べると味が穏やかですが、サムゲタンには十分効果的です。もち米がなければ、短粒種の白米や玄米を使うことができます。これらはもち米ほど粘り気はありませんが、サムゲタンに適度なとろみを与えます。

ナツメの代わりには、干しプルーンやレーズンを使うことができます。これらはナツメと同じように甘みと風味を加えます。栗が手に入らない場合は、じゃがいもやさつまいもが代替になります。これらは栗のように甘みと食感をサムゲタンに加えることができます。

また、生姜やニンニクは新鮮なものが手に入らない時、パウダー状のものを使用することもできます。これらは保存が容易で、手軽に使用できます。

これらの代替材料を活用することで、サムゲタンを作る際のハードルが低くなり、手に入る材料を最大限に活用しながら、自分の好みに合わせてアレンジを楽しむことができます。重要なのは、基本のレシピを理解した上で、自分の好みや手に入る材料に合わせてアレンジを楽しむことです。

下処理の重要性

丸鶏の下処理方法とポイント

サムゲタンを作る際、丸鶏の下処理は非常に重要なステップです。この下処理は、最終的な料理の味わいや質感に大きく影響を与えるため、丁寧に行う必要があります。丸鶏の下処理にはいくつかの重要なポイントがあります。

まず、丸鶏を購入したら、内臓が残っていないか確認し、あれば取り除きます。内臓はサムゲタンの味を損ねる可能性があるため、このステップは欠かせません。次に、鶏の表面と内部を冷水でよく洗います。これにより、余分な血液や不純物を取り除き、清潔な状態にします。特に内部は念入りに洗うことが重要です。

洗った後、鶏肉の余分な脂肪を取り除きます。特に脂肪が多い部分は、料理の味を損ねる原因になることがあるため、丁寧に取り除くことが望ましいです。しかし、全ての脂肪を取り除く必要はなく、適度な脂肪はサムゲタンの風味を豊かにします。

次に、鶏肉を下茹ですることをお勧めします。これは、鶏肉の表面の不純物を取り除き、スープをクリアに保つために行います。鶏肉を大きな鍋に入れ、水をかぶる程度に注ぎ、沸騰させます。沸騰したら、茹で、その後、鶏肉を取り出し、再度冷水で洗い流します。この工程により、鶏肉の余分な脂肪や不純物が取り除かれ、スープが澄んだ状態になります。

そして、鶏肉をもう一度水で洗い、サムゲタンの具材を詰める準備をします。この時、鶏肉の皮を破らないように注意し、もち米、高麗人参、ナツメ、栗などを丁寧に詰めます。詰めた後、鶏の腹部を閉じることで、具材が出ないようにします。

これらの下処理のステップを丁寧に行うことで、サムゲタンはその真価を発揮します。清潔で、不純物のない鶏肉を使用することで、スープはより澄んだ味わいになり、具材の味も引き立ちます。また、下処理を丁寧に行うことで、鶏肉は柔らかく、ジューシーな食感を保つことができます。サムゲタンは、これらの小さな工夫によって、一層美味しくなる料理です。

材料の下処理で味が変わる理由

料理において、材料の下処理は最終的な味わいに大きな影響を与えます。特にサムゲタンのような煮込み料理では、下処理の方法がスープの清潔さ、風味、そして全体の質感を決定づける重要な要素となります。

まず、材料の下処理は、料理の清潔さと品質を保証するために不可欠です。例えば、丸鶏を使用する際、表面の不純物や余分な脂肪を取り除くことで、スープが濁るのを防ぎます。また、内臓を取り除くことで、不快な臭いや味がスープに混ざるのを防ぐことができます。これらの工程を怠ると、スープの味が落ちるだけでなく、見た目にも影響を与える可能性があります。

次に、材料を下茹ですることは、スープの風味を向上させるために重要です。鶏肉を短時間茹でることで、表面の不純物や余分な脂肪が取り除かれ、スープがよりクリアになります。これにより、鶏肉本来の味わいが際立ち、スープの風味が損なわれることがありません。

また、材料の下処理は、料理の質感にも影響を与えます。例えば、鶏肉の皮を破らないように丁寧に扱うことで、肉汁が内部に閉じ込められ、鶏肉がジューシーで柔らかく仕上がります。逆に、下処理を怠ると、肉が硬くなったり、乾燥したりする可能性があります。

さらに、もち米や高麗人参などの具材の下処理も重要です。これらの材料を適切に処理することで、サムゲタンに深みと複雑さを加えることができます。もち米は適切に洗い、水に浸すことで、スープにとろみと滑らかさを与えます。高麗人参は、適切に切ることで、その風味がスープ全体に広がります。

下処理は、料理全体の調和を保つためにも重要です。各材料が適切に処理されることで、それぞれの風味が互いに補完し合い、バランスの取れた味わいを生み出します。これにより、サムゲタンはただの鶏肉のスープではなく、深い味わいと豊かな風味を持つ料理に仕上がります。

このように、材料の下処理は、サムゲタンをはじめとする多くの料理において、味わい、質感、そして全体の調和を決定づける重要なステップです。丁寧な下処理を行うことで、料理はその真価を発揮し、食べる人に最高の味わいを提供することができます。

実際の作り方

ステップバイステップのレシピ説明

サムゲタンを作る過程は、丁寧な手順を踏むことで、その深い味わいと栄養価を最大限に引き出すことができます。ここでは、ステップバイステップでサムゲタンのレシピを説明します。

まず、サムゲタンの基本となるのは丸鶏の下処理から始まります。丸鶏を用意し、内臓を取り除き、水で丁寧に洗い流します。特に内部は念入りに洗うことが重要です。次に、鶏の余分な脂肪を取り除き、清潔な状態にします。このステップは、スープの清潔さと風味を保つために不可欠です。

下処理が終わったら、鶏肉を下茹ですることをお勧めします。これは、鶏肉の表面の不純物を取り除き、スープをクリアに保つために行います。鶏肉を大きな鍋に入れ、水をかぶる程度に注ぎ、沸騰させます。沸騰したら、茹で、その後、鶏肉を取り出し、再度冷水で洗い流します。

次に、鶏の内部に具材を詰めます。もち米、高麗人参、ナツメ、栗などを適量用意し、鶏の内部に詰め込みます。この時、鶏の皮を破らないように注意し、具材が出ないようにします。

具材を詰めた鶏肉を大きな鍋に入れ、水を注ぎます。水の量は、鶏肉が完全に覆われる程度にします。鍋を火にかけ、沸騰させたら、火を弱めてゆっくりと煮込みます。鶏肉の大きさや好みによって調整してください。

煮込みが終わったら、鍋から鶏肉を取り出し、適切な大きさに切り分けます。スープは、塩や胡椒で味を調えた後、鶏肉と一緒に盛り付けます。

このように、サムゲタンの作り方は、丁寧な下処理と長時間の煮込みが鍵となります。これらのステップを踏むことで、サムゲタンはその深い味わいと豊かな栄養価を発揮し、食べる人に満足感を与えることができます。サムゲタンは、単なる料理ではなく、時間と手間をかけて作り上げる芸術作品のようなものです。その一つ一つの工程には、料理をする人の愛情と情熱が込められています。

丁寧な調理方法

サムゲタンの調理は、時間と手間をかけることで、その深い味わいと栄養価を引き出すことができます。丁寧な調理方法と時間の配分は、この料理の成功の鍵となります。

まず、サムゲタンの調理は、丸鶏の下処理から始まります。この工程では、鶏肉を水でよく洗い、内臓や余分な脂肪を取り除きます。丁寧に洗い流すことで、スープが濁るのを防ぎ、清潔な状態を保つことができます。

次に、鶏肉を下茹でする工程があります。これは、鶏肉の表面の不純物を取り除き、スープをクリアに保つために行います。鶏肉を大きな鍋に入れ、水をかぶる程度に注ぎ、沸騰させます。沸騰したら、茹で、その後、鶏肉を取り出し、再度冷水で洗い流します。

鶏肉の下処理が終わったら、具材を詰める作業に移ります。もち米、高麗人参、ナツメ、栗などを適量用意し、鶏の内部に詰め込みます。具材を詰めた後、鶏の腹部を閉じることで、具材が出ないようにします。

具材を詰めた鶏肉を大きな鍋に入れ、水を注ぎます。水の量は、鶏肉が完全に覆われる程度にします。鍋を火にかけ、沸騰させたら、火を弱めてゆっくりと煮込みます。この煮込み時間がサムゲタンの風味を決定づける重要な要素です。鶏肉の大きさや好みによって調整してください。この長時間煮込む工程は、サムゲタンの味わいを深めるために不可欠です。

煮込み中、表面に浮かんでくる不純物は、こまめに取り除きます。これにより、スープが澄んだ状態に保たれ、風味も損なわれません。

煮込みが終わったら、鍋から鶏肉を取り出し、適切な大きさに切り分けます。スープは、塩や胡椒で味を調えた後、鶏肉と一緒に盛り付けます。


サムゲタンの調理は、時間をかけて丁寧に行うことが重要です。各工程に十分な時間を割くことで、鶏肉は柔らかく、ジューシーに仕上がり、スープは澄んだ味わいになります。サムゲタンは、単なる料理ではなく、時間と手間をかけて作り上げる芸術作品のようなものです。その一つ一つの工程には、料理をする人の愛情と情熱が込められています。

サムゲタンの食べ方とアレンジレシピ

正統派の食べ方から、家庭で楽しむアレンジ方法

サムゲタンは、その伝統的な食べ方から、家庭でのアレンジまで、多様な楽しみ方があります。正統派の食べ方は、シンプルでありながらも、サムゲタン本来の味わいを堪能することができます。一方、家庭でのアレンジは、この伝統的な料理をさらに身近なものにし、多様な味わいを楽しむことができます。

正統派の食べ方では、サムゲタンをそのままの形で楽しみます。煮込んだ鶏肉は柔らかく、スープは深い味わいを持っています。通常、サムゲタンは大きな器に入れて提供され、スープと一緒に鶏肉を味わいます。鶏肉の内部に詰められたもち米や高麗人参、ナツメ、栗も一緒に楽しむことができます。この食べ方では、塩や胡椒を少し加えて味を調えることが一般的です。サムゲタンのスープは、特に冷えた体を温めるのに最適で、栄養満点です。

一方、家庭でのアレンジ方法は、サムゲタンをさらに多様な料理に変えることができます。例えば、残ったスープを使って、お粥を作ることができます。このお粥は、特に消化が良く、胃腸に優しい食事として最適です。また、スープに麺を加えて、鶏肉のスープ麺として楽しむこともできます。これは、特に子供たちに人気のある食べ方です。

さらに、サムゲタンの鶏肉を細かく刻んで、サラダやサンドイッチの具材として使用することもできます。これにより、サムゲタンの鶏肉を使った新しい料理を楽しむことができます。また、スープに野菜や他の具材を加えて、一種の鍋料理として楽しむことも可能です。これは、特に寒い日に家族や友人と一緒に楽しむのに適しています。

サムゲタンは、その伝統的な食べ方だけでなく、様々なアレンジを加えることで、さらに多様な味わいを楽しむことができます。これらのアレンジは、サムゲタンをより身近な料理にし、日常の食卓に新しい風を吹き込むことができます。サムゲタンは、ただの料理ではなく、多様な楽しみ方を提供する、豊かな味わいの宝庫なのです。

残ったスープの活用法

サムゲタンを作った後に残ったスープは、そのまま捨てるにはもったいないほどの価値があります。このスープは、深い味わいと栄養が凝縮されており、様々な料理に再利用することができます。ここでは、残ったサムゲタンのスープを活用するいくつかの方法をご紹介します。

まず、最もシンプルな活用法は、お粥を作ることです。サムゲタンのスープに米を加え、ゆっくりと煮込むことで、風味豊かなお粥を作ることができます。このお粥は、特に消化が良く、胃腸に優しい食事として最適です。また、風邪をひいた時や体調が優れない時にも、栄養を摂取するのに適しています。

次に、スープをベースにして、麺料理を作ることもできます。例えば、うどんやそば、ラーメンなどの麺をサムゲタンのスープで煮込むことで、風味豊かな麺料理を楽しむことができます。この方法は、特に寒い日に温かい食事を楽しみたい時におすすめです。

また、スープに野菜や豆腐、きのこなどを加えて、一種の鍋料理として楽しむこともできます。これは、家族や友人との食事に最適で、寒い日に体を温めるのにぴったりです。さらに、スープに少しの味噌や醤油を加えることで、味のバリエーションを楽しむこともできます。

サムゲタンのスープを使って、リゾットやパスタのソースとしても活用できます。スープを煮詰めて濃厚なソースを作り、パスタやリゾットに加えることで、独特の風味を楽しむことができます。この方法は、サムゲタンのスープを使って、新しい味わいの料理を作りたい時におすすめです。

スープを冷凍保存することで、後日様々な料理に活用することもできます。冷凍保存することで、スープの風味を長期間保つことができ、必要な時にいつでも使うことができます。

これらの方法を通じて、サムゲタンのスープは、単なる残り物ではなく、様々な料理のベースとして再利用することができます。サムゲタンのスープを活用することで、料理の幅が広がり、日常の食卓に新しい風を吹き込むことができます。サムゲタンは、そのスープまでが宝物のような料理なのです。

サムゲタンをより楽しむための小技

食材の追加や変更で異なる味わいを楽しむ方法

サムゲタンは、基本的なレシピに忠実に作ることもできますが、食材の追加や変更によって異なる味わいを楽しむことも可能です。このようなアレンジは、サムゲタンをより多様な料理に変え、食卓に新しい風を吹き込むことができます。

例えば、サムゲタンに使われる鶏肉を変えることで、異なる風味や食感を楽しむことができます。丸鶏の代わりに鶏もも肉や鶏胸肉を使用すると、より柔らかく、脂肪分が少ない味わいになります。また、手羽先や手羽元を加えることで、スープにコクと深みを加えることができます。

具材の追加や変更も、サムゲタンの味わいを変える良い方法です。例えば、もち米の代わりに玄米や雑穀を使用すると、より栄養価が高く、食感が異なるサムゲタンを楽しむことができます。また、高麗人参の代わりに普通の人参や西洋人参を使用すると、味わいが穏やかになります。

スパイスやハーブの追加も、サムゲタンの風味を変えるのに効果的です。例えば、ニンニクや生姜を多めに加えることで、より強い風味を楽しむことができます。また、ローズマリーやタイムなどのハーブを加えることで、香り高いサムゲタンを作ることができます。

さらに、サムゲタンに野菜を追加することもできます。例えば、じゃがいも、にんじん、きのこなどを加えることで、より栄養価が高く、食べ応えのあるサムゲタンを作ることができます。これらの野菜は、サムゲタンのスープによく合い、異なる食感と風味を楽しむことができます。

サムゲタンのスープに少しの味噌や醤油を加えることで、味のバリエーションを楽しむこともできます。これにより、サムゲタンのスープがより濃厚で、深い味わいになります。

これらのアレンジを通じて、サムゲタンは、単なる伝統的な料理ではなく、多様な味わいを楽しむことができる料理に変わります。食材の追加や変更によって、サムゲタンをより身近な料理にし、日常の食卓に新しい風を吹き込むことができます。サムゲタンは、そのアレンジの幅広さによって、さまざまな味わいを提供する、豊かな料理なのです。

まとめ

サムゲタンの作り方は、単なる料理のレシピを超え、家庭での韓国料理体験の豊かさを象徴しています。この料理は、世代を超えて受け継がれる伝統的な韓国の味わいを、私たちのキッチンにもたらします。サムゲタンを作る過程は、食材の選択から始まり、丁寧な下処理、長時間の煮込みに至るまで、料理に対する愛情と情熱を込める時間です。このプロセスは、家族や友人との絆を深め、共有する喜びを生み出します。

サムゲタンは、その栄養価の高さと深い味わいで知られています。主な材料である鶏肉、高麗人参、もち米は、体を温め、エネルギーを与える効果があります。これらの食材は、特に冬の寒い時期や体力が落ちている時に、体を元気づけるのに最適です。サムゲタンのスープは、風味豊かで、心を温めると同時に、冷えた体を温めるのにも最適です。

また、サムゲタンはアレンジが効く料理であり、食材の追加や変更によって、異なる味わいを楽しむことができます。これにより、サムゲタンは単なる伝統的な料理ではなく、多様な味わいを提供する豊かな料理に変わります。家庭でのサムゲタン作りは、新しい料理の発見と創造の場となり得ます。

サムゲタン作りの楽しさと、家庭での韓国料理体験の重要性を再確認していただければ幸いです。サムゲタンは、その調理過程から完成まで、料理をする人の愛情と情熱が込められた、特別な料理です。健康と美味しさを兼ね備えたサムゲタンの魅力を、ぜひ家庭で体験してみてください。

韓国料理なら明心館へ

韓国料理 明心館では、伝統と創造が融合した本格韓国料理をご堪能いただけます。厳選された新鮮な食材と特製のソース・調味料を使用し、本場の味を追求しています。ランチやディナーでのお食事はもちろん、ネット予約も可能です。本場の味をご提供するこだわりとして、ビビンバ、チヂミ、キンパ、サムギョプサル、プルコギ、テッチャン鍋、キムチチゲなどの代表的な料理から、珍しい一品料理まで、多種多様なメニューをご用意しています。当店自慢の特製ソースや調味料は、料理の味を一層引き立てます。また、厳選された食材と伝統的な調理法を用い、本物の韓国料理の味をご提供しています。お客様がくつろげる空間をご提供することを心がけており、どんな要望にも柔軟に対応いたします。食事の際のお好みやアレルギーに合わせた調整も可能です。是非、名古屋市の韓国料理 明心館で、本場の味と心温まるおもてなしをお楽しみください。

韓国料理 明心館
店名韓国料理 明心館
住所〒450-0001愛知県名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル1階
電話052-688-1559

お問い合わせはこちらご予約はこちら

店舗概要

店舗名・・・韓国料理 明心館

所在地・・・〒450-0001 愛知県名古屋市中村区那古野1-44-17 嶋田ビル1階

電話番号・・・ 052-688-1559

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。